喜寿のお祝いプレゼントで父と母が泣いてくれました

両親の77歳の喜寿祝いには感動のプレゼントを贈りたいですね。
お父さん、お母さんが涙して喜んでくれるようなお祝いの贈り物探しをお手伝いします。
 
  

喜寿祝いの贈り物

喜寿祝いの前に知っておきたいタブーな言葉

喜寿のお祝いは、数え年の77歳、つまり満76歳の

ご長寿のお祝いですが、お年寄りといっても、

まだまだ健康でお若い方も多く、

年寄り扱いは逆に失礼に当たることも少なくないでしょう。


その意味でも、以下のことは喜寿祝いのタブーとして

知っておきたいところです。


例えば、「枯れる」、「衰える」、「すたる」、「崩れる」、

「もろい」、「折れる」、「転ぶ」など、老いを連想させるものは、

忌み言葉として避ける必要があります。


また、数字の四は「死」を、九は「苦」を連想させるので、

喜寿祝いというご長寿のお祝いでの使用はタブーと知って

おきましょう。



喜寿祝いのプレゼントを選んだり、感謝のメッセージを送る場合は

もちろん、アドリブでお祝いのスピーチをされる場合には

言葉選びに注意が必要です。


あらかじめ、気を付けておきたいポイントですね。






 77歳の喜寿祝いの感謝の言葉メッセージの例文はこちら!

 77歳の喜寿祝いのプレゼントやご祝儀の金額相場はこちら!







posted by 喜寿のお祝いプレゼント at 08:22 | 喜寿祝いのしきたりやマナー

喜寿祝いの贈り物

喜寿祝いのご祝儀袋の書き方を知っておきましょう

喜寿のお祝いの際にご祝儀を用意される場合ですが、

お金を入れるご祝儀袋にも、知っておきたいルールや

マナーがあります。


ご祝儀を包む祝儀袋の選び方ですが、

紅白または金銀の蝶結びのものが良いでしょう。


祝儀袋の表面の書き方ですが、

「祝喜寿」「喜寿御祝」「寿福」などが一般的です。


喜寿祝いの祝儀袋.JPG



喜寿祝いは、七十七歳を迎える大切な節目であるので、

お祝いをする側も、失敗しないよう事前に知っておきたい

ことですね。






 77歳の喜寿のお祝いで気を付けておきたい”しきたり”とは

 77歳の喜寿のお祝いで感動されるプレゼント選びのポイント







posted by 喜寿のお祝いプレゼント at 11:35 | 喜寿祝いの金額相場と祝儀袋

喜寿祝いの贈り物

喜寿祝いのご祝儀の金額相場をご存知ですか?

喜寿のお祝いでは、お父さんやお母さん、あるいは

恩師の先生へプレゼントを贈るという以外にも、

ご祝儀としてお金を渡すこともあります。


プレゼントだと、お相手の好みも考えていると

品物選びに悩んでしまうものですが、

ご祝儀であれば、好きな物を買っていただく、

好きなことに使っていただくという意味では、

プレゼントとは違ったお祝いの形です。


ご祝儀を贈られる場合には、いくらくらいが

一般的な相場なのか、ご存知ですか?



喜寿祝いのご祝儀の金額には、

決まったルールがある訳ではありませんが、

一般的な相場として、知っておくことは大切です。



贈られる方との関係によっても金額相場は変わりますので

以下の金額相場を参考にされると良いかと思います。




■子供から両親へ贈る場合は、20,000円から30,000円

■孫から祖父母へ贈る場合は、10,000円から30,000円

■親族へ贈る場合は、5,000円から10,000円

■恩師へ贈る場合は、10,000円から30,000円



喜寿祝いのご祝儀を用意される際の参考になりましたら

幸いです。






 喜寿祝いにこんなプレゼントは避けた方が良いでしょう

 77歳の喜寿祝いに喜ばれるプレゼントランキングはこちら!







posted by 喜寿のお祝いプレゼント at 23:23 | 喜寿祝いの金額相場と祝儀袋

喜寿祝いの贈り物

喜寿のお祝いに添える父への感謝の言葉メッセージ例

いつも家族を支えてくれたお父さん、

自分をここまで育ててくれたお父さん、

お父さんが、もう77歳の喜寿のお祝いを迎えるなんて

喜ばしくもあり、もうそんな年に、という驚きもあります。


自分自身もそれなりの年齢を迎えていることを想うと

月日の流れの早さを感じますね。


あなたの大切なお父さんの喜寿祝いには、

感謝の言葉を伝えたいものですね。


お父さんへの感謝のメッセージの例文を

いくつかご紹介いたします。



■喜寿のお祝い おめでとうございます。今後も御自愛され 

 さらにご長寿をと、心よりお祈り申し上げます。



■謹んで喜寿のお祝いを申しあげます。益々お元気で

 長生きされますよう、お祈りいたします。



少し堅苦しいかもしれませんので、フランクにすると、

このような感じです。


■喜寿おめでとうございます。もう77歳になるんですね。

 くれぐれも体には気をつけてください。

 なんだかんだ言っても健康が一番ですね。長生きして欲しいです。


■喜寿のお祝いを申し上げます。これからはあまり無理をしないで、

 いつまでも元気で、日本の平均寿命を延ばしていってください。


■お父さん、喜寿おめでとう!目標は100歳の百寿のお祝いですよ!



お父さんへ喜寿祝いの感謝の言葉を伝えるタイミングは、

喜寿祝いのプレゼントに添えてお渡ししたり、ご祝儀に添えて

または、電報で伝えるなど、いろいろな場面が想定されますが、


どんな時でも、あなたの感謝の想いを込めてお伝えすれば

きっと喜んでもらえるメッセージになると思います。






 父の喜寿祝いのプレゼントには名入れ酒と生まれた日の新聞

 77才の父への喜寿祝いのプレゼントには快眠のテンピュール枕






posted by 喜寿のお祝いプレゼント at 22:40 | 感謝の言葉とメッセージ例
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。