喜寿のお祝いプレゼントで父と母が泣いてくれました

両親の77歳の喜寿祝いには感動のプレゼントを贈りたいですね。
お父さん、お母さんが涙して喜んでくれるようなお祝いの贈り物探しをお手伝いします。
 

カテゴリー:喜寿祝いのしきたりやマナー

  

喜寿祝いの贈り物

喜寿祝いの前に知っておきたいタブーな言葉

喜寿のお祝いは、数え年の77歳、つまり満76歳の

ご長寿のお祝いですが、お年寄りといっても、

まだまだ健康でお若い方も多く、

年寄り扱いは逆に失礼に当たることも少なくないでしょう。


その意味でも、以下のことは喜寿祝いのタブーとして

知っておきたいところです。


例えば、「枯れる」、「衰える」、「すたる」、「崩れる」、

「もろい」、「折れる」、「転ぶ」など、老いを連想させるものは、

忌み言葉として避ける必要があります。


また、数字の四は「死」を、九は「苦」を連想させるので、

喜寿祝いというご長寿のお祝いでの使用はタブーと知って

おきましょう。



喜寿祝いのプレゼントを選んだり、感謝のメッセージを送る場合は

もちろん、アドリブでお祝いのスピーチをされる場合には

言葉選びに注意が必要です。


あらかじめ、気を付けておきたいポイントですね。






 77歳の喜寿祝いの感謝の言葉メッセージの例文はこちら!

 77歳の喜寿祝いのプレゼントやご祝儀の金額相場はこちら!







posted by 喜寿のお祝いプレゼント at 08:22 | 喜寿祝いのしきたりやマナー

喜寿祝いの贈り物

喜寿祝いのタイミングは誕生日にしないとダメか?

喜寿のお祝いについてですが、

お祝いする日は77歳の誕生日に行わないとダメなのか、

お祝いするタイミングは気になる所だと思います。


お祝いの日が、平日だったり忙しい日だったり、

ちょうど誕生日に合わせてお祝いをするということは

実際としては難しいことですよね。


77歳の喜寿祝いのプレゼントを渡すタイミングは、

誕生日当日か、誕生日を挟んだ前後一週間程度が普通ですが、


なかなか都合がつかないこともあると思いますので

喜寿祝いの時期は、その年の父の日や母の日、敬老の日、

あるいは、お盆やお正月のような連休の取れるときでも

特に構いません。


マナーとして、1年のうちで、ご家族、ご親族が集まれる

ご都合の良い日に行うことができれば良いでしょう。






 喜寿祝いの金額相場とご祝儀の贈り方を知っておきましょう

 77才の喜寿祝いのプレゼントにはゆったり手軽な温泉旅行







posted by 喜寿のお祝いプレゼント at 10:07 | 喜寿祝いのしきたりやマナー

喜寿祝いの贈り物

喜寿祝いは77歳か76歳か、どちらでするのが良いか?

喜寿のお祝いは77歳のお祝いですが、

77歳でお祝いするのか、76歳なのか、どちらなのか

正しいことを知りたいという声を良く聞きます。


喜寿祝いを行う77歳とは通常は数え年での年齢に

なります。


数え年とは、生まれた年を1歳として数えますので

今の年齢から1歳を足した年齢があなたの数え年です。


数え年に対して、わたしたちが普通に認識している年齢を

満年齢と言いますが、0歳の赤ちゃんは数え年では1歳、

満年齢26歳の方は、数え年では27歳となり、

満年齢の76歳の方は、数え年の77歳となりますので、

満年齢76歳の誕生日のお祝いが喜寿のお祝いという

ことになります。


ただし最近では、数え年を意識する方は少なく、

満年齢の77歳で喜寿祝いをされる方が増えてきています


数え年と満年齢の違いを知った上でしたら、

喜寿祝いをされる時期は、満76才でも満77歳でも

どちらでも構わないと思います。


喜寿を迎えられる両親、祖父母、恩師の方や

もしご親族も集まる盛大なお祝いとされるなら

みんなで相談して、その時の雰囲気で決められたら

良いと思います。








 喜寿祝いにこんなプレゼントは避けた方がいいですよ

 感謝の言葉、メッセージはこんな文章ではどうでしょう?







posted by 喜寿のお祝いプレゼント at 09:35 | 喜寿祝いのしきたりやマナー

喜寿祝いの贈り物

喜寿のお祝いで気を付けておきたい”しきたり”とは

喜寿祝いは77歳のご長寿のお祝いですが、

お父さんやお母さん、お祖父さんやお祖母さん、

あるいはお世話になった恩師の方へ

あなたが喜寿のお祝いをすることをお考えなら

喜寿祝いの”しきたり”について、事前に知って、

気を付けたいのもですね。


基本的なことですが、

喜寿のお祝いは77歳のご長寿のお祝いですが、

”数え年”の77歳のお祝いなので、

満76歳を迎える誕生日をお祝いをすることが

しきたりです。


また、喜寿祝いのプレゼントを選んだりする場合などは

喜寿にちなんだ”色”があり、

例えば、還暦祝いであれば赤色、古希祝いであれば紫色、

米寿祝いであれば金茶色にちなんだ贈り物を用意するもので

喜寿祝いは、紫色にちなんだ品物を用意することが

通例です。


喜寿祝いをするタイミングやプレゼント選びには

注意しておきたいところですね。








 喜寿祝いのご祝儀袋の書き方を知っておきましょう

 77歳の喜寿祝いのプレゼントには定番の紫色のちゃんちゃんこ







posted by 喜寿のお祝いプレゼント at 18:05 | 喜寿祝いのしきたりやマナー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。