喜寿のお祝いプレゼントで父と母が泣いてくれました

両親の77歳の喜寿祝いには感動のプレゼントを贈りたいですね。
お父さん、お母さんが涙して喜んでくれるようなお祝いの贈り物探しをお手伝いします。
 
  

喜寿祝いの贈り物

喜寿祝いの前に知っておきたいタブーな言葉

喜寿のお祝いは、数え年の77歳、つまり満76歳の

ご長寿のお祝いですが、お年寄りといっても、

まだまだ健康でお若い方も多く、

年寄り扱いは逆に失礼に当たることも少なくないでしょう。


その意味でも、以下のことは喜寿祝いのタブーとして

知っておきたいところです。


例えば、「枯れる」、「衰える」、「すたる」、「崩れる」、

「もろい」、「折れる」、「転ぶ」など、老いを連想させるものは、

忌み言葉として避ける必要があります。


また、数字の四は「死」を、九は「苦」を連想させるので、

喜寿祝いというご長寿のお祝いでの使用はタブーと知って

おきましょう。



喜寿祝いのプレゼントを選んだり、感謝のメッセージを送る場合は

もちろん、アドリブでお祝いのスピーチをされる場合には

言葉選びに注意が必要です。


あらかじめ、気を付けておきたいポイントですね。






 77歳の喜寿祝いの感謝の言葉メッセージの例文はこちら!

 77歳の喜寿祝いのプレゼントやご祝儀の金額相場はこちら!







posted by 喜寿のお祝いプレゼント at 08:22 | 喜寿祝いのしきたりやマナー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。